前へ
次へ

交際相手の親に会いに行くときの服装で注意しておきたいこと

交際相手の親に会うときにはどんなことに気を付ければよいのでしょうか。まず第一に重要なのが服装です。特に初対面であればあるほど、見た目しか判断する材料がないのですから服装などの見た目には特に注意が必要です。女性の場合はデニムなどのカジュアルな服装やミニスカートのような肌の露出が多いものは避けましょう。またパンツスタイルよりはスカートやワンピースの方が印象は良いようです。また見落としがちですが、服の色も重要で地味なものよりは白やパステルカラーのものの方が雰囲気も良くなるのでおすすめです。また夏場だと暑いので素足でいることもあるかもしれませんが、素足で訪問するのはマナー違反なので必ずストッキングを履くようにしましょう。靴も脱いだり履いたりすることを考え、時間のかかるブーツやサンダルではなくヒールの低めなパンプスを選びましょう。男性の場合は無難なのはスーツですが、結婚の挨拶でない場合は少し堅苦しくなることもあります。そんな場合はジャケットに襟付きのシャツ・チノパンなどのキレイめだけれどカジュアルに感じる服装をすると良い印象になるようです。ただしジーンズなどのカジュアルな素材でできたものは良い印象を持たれにくいので避けましょう。同じ理由から靴もスニーカーよりは革靴を選んだ方がいい印象を持たれやすいでしょう。服の色ですが女性とは逆にネイビーやブラック等のベーシックな色をベースに選ぶのがおすすめです。もう少しオシャレに見せたい場合は、服装に季節に合わせた明るめの色を取り入れると季節感が出てよりオシャレかつ好印象を持ってもらうことができます。髪型やメイクも女性の場合は髪はまとめるか留めたうえでナチュラルメイクを基本にしましょう。男性の場合は奇抜な髪型は避け、きれいに整えておいた方がよさそうです。またひげですが、まだまだひげを剃っていないということに対して清潔感がないと思われることも多いので剃っておく方が印象は良くなりそうです。男性・女性ともに共通するのが清潔感のある服装・髪型である方が家族からの印象は良いようです。もしどんな服装をするか迷った場合は自分が見た時に清潔感を感じるかを基準で考えてみると良いかもしれません。また服装も重要ですが、必ずチェックしておきたいのが服のしわや汚れなどです。たとえどんなにきれいなスーツやワンピースを着ていたとしても、服にしわがあったり靴が汚れていたらそれだけで印象は悪くなってしまいます。当日に慌てなくて済むように事前に衣装の手入れは念入りにし、備えておきましょう。

Page Top